徒然なるままに日暮したい ~岡田准一くんとの日々のこと

岡田准一君のこと、息子のこと、いろいろ

忙しいと頭がお花畑になる?

仕事が忙しくて、Vロスになっているヒマもない。

でも息抜きはしたい。

 

てなわけで、ちょっと空いた時間にいろいろチェックしてたら、11月3日に北九州市立美術館本館がリニューアルオープン❕というのが目に入った。

 

図書館戦争フリークならお分かりかも知れない。

一作目で小田原情報歴史図書館として撮影された場所です。

岡田くんがマシンガンぶっぱなしてたとこ。

(あそこ、セットじゃなくて本物の美術館の中!)

この2年間くらい改修工事してたのよね。

あのシーンに、わたしもぶっぱなされて今があるようなもんです。

 

この美術館のある町は、わたしが小学生から二十歳まで住んでたとこで、たくさんの思い出がある場所。

もちろん、美術館にも何度か足を運んでる。

 

今も美術館の横の国道3号線バイパスを通るたび、あそこで撮影してたんだと岡田くんの顔が浮かんできてニヤけるわたし。

 

ちなみにこの美術館は、デスノートの撮影場所にもなってます。

 

わたしが岡田くんのファンになったのは、図書館戦争を観てから。

そもそも、原作もマンガも読んだことがなかったわたしが、何故映画を観に行こうと思ったかと言えば、こんなことがあったから。

 あれは2012年の11月17日だったと思う。

わたしは仕事で区役所に用があって車で向かった。

区役所の駐車場もあるんだけど、そこよりも区役所隣の図書館の駐車場の方が近いので、そこに停めようと思ったら「本日貸し切り」となっていた。

駐車場には何やらトラックがいっぱい駐車してた。

仕方がないので、他の駐車場に停めて用事を済ませて職場に戻る道すがら、図書館の前を通っていたら何か違和感が…。

 

図書館の入り口にあるはずのない門があり、しかもバリケードが設置されてる。 

 

「えっ👀⁉」と思いながら職場に戻り、しばらくして思い出した!

 

そういえば、岡田准一図書館戦争やるって何かで見たな‼と。

もしかして、あそこが撮影場所🎬❔❔

これが

ビンゴ✴

その図書館は、北九州市立中央図書館。

映画で、武蔵野第一図書館として撮影されたとこだったんです。

(外観と主に良化隊とドンパチやってる場所として)

駐車場に停まってたたくさんのトラックは撮影器具だったんでしょうね。

 

後で知ったけど、撮影はその日の深夜に行われて、しかもその日は岡田くんの32歳のお誕生日🎂

図書館戦争の特典映像で、お祝いされてるシーンがありましたね✌

 

それで、興味を持って息子と一緒に映画を観に行ったのが、おばさんが岡田くんに嵌まったきっかけなんですよ。

ついでに図書館戦争にも嵌まったのだけどね😃


f:id:riomaro:20171028081245j:image

 

正直に言うと、実は2年前にアニバコンが発表されるまで、わたしは役者岡田准一のファンで、V6についてはほとんど興味がなかった。

たまにV6として歌って踊ってる岡田くんに、微妙な違和感さえ感じてた。

 

でも、コンサートが決まった時に、生の岡田くんをどうしてもこの眼でみたいという一心でファンクラブに入会したのです。

実はこれ、わたしの人生で初めての出来事だった。

だから、もうドキドキで😵💓

若干震えながらコンサートの申し込みをしたのが、昨日のことみたい。

当選したときの感激ったらなかった😆

 

そして、コンサートに行くためにはV6を知ってなくてはならないと「SUPER  Very best  」の初回限定版Aを購入!

 

びっくりした❗

マジで😆⤴⤴

 

歌うまいし。

ステキな曲ばかりだし。

特典映像は、めっちゃ面白いし。

 

こうしてわたしは、

V6最高➰😍💓💓

と、堂々と言える見事なミーハーおばさんへと変身したのです(=^ェ^=)

 

あっ、そのあとすぐBの方も買いました✌

 

 

仕事が忙しくてって言いながら、こんな長文書いてるわたしは、いったいなんなんでしょうね❓

我ながら呆れるなo(^o^)o