徒然なるままに日暮したい ~岡田准一くんとの日々のこと

岡田准一君のこと、息子のこと、いろいろ

太陽と月のこどもたちの歌詞に思うこと

このところ、仕事やおばあちゃんに振り回されのんびりV活ができない。

「追憶」のこととか、新曲のこととかの情報が、頭のまわりを空回ってる感じだ。

 

仕事は年度始めだから仕方ないとして、おばあちゃんにはほんと困らせられる😥

 

先日は歯医者治療拒否事件が起こった。

おばあちゃんは部分入れ歯なんだけど、残ってる歯を痛がるので、義妹が忙しいなか時間を作って歯医者さんに連れて行った。

 

そうしたら、保険証がないから治療費が高くなるとか言い出し治療拒否❕  

 

保険証は本人に持たせていると失くすので、義妹が持っているのだけど、本人の記憶が

保険証がない!までしかないので、絶対に治療しないと歯医者の先生に言い張り、本人が拒否している以上治療はできませんと言われてしまったとのこと。

 

義妹はプンプン💢💢💨怒ってた。

おばあちゃんは嫁のわたしには遠慮がちだけど、義妹に対しては実の娘ということもあり我が儘放題だ。

自分が痛いだけなのに、そういうことも理解できなくなっている。

いよいよひどくなったら、歯科大に入院させて、全身麻酔で治療させるしかないね、ということになった。まったく(´~`)

 

介護の大変さの一番は報われないことだなとつくづく思う。

 

そんなこんなで、毎日が怒涛のごとく過ぎていく。

少しだけ時間ができたときに録画してたみんなのうたの「太陽と月のこどもたち」を見た。

優しいアニメーションと優しい歌詞を噛み締めながら見た。

 

生まれてきた命の大切さを歌っていると思った。

 

知り合いの息子さんが離婚して、まだ小さいお子さんを二人連れて家に戻ってきた。

離婚の理由はいろいろあるだろうが、一番大きな原因のひとつがネグレクトだそうだ。

 

ネグレクト…育児放棄

元嫁は子どもをいらないと言ったらしい。

普通だったら可愛い盛りの子どもたちをだ。

 

母性ってのは本能ではないそうだ。

大部分の母親は、妊娠中お腹のなかで育てていく間に、子どもへの愛情を感じていくものだけど、残念ながらそうならない人もいる。

 

幸い知り合いと息子さんの妹が家にいて、息子さんのフォローができる態勢ができている。

ママはいなくても、これからパバとおばあちゃんとおばちゃんの愛情をたっぷりもらって幸せになってほしいと心から願っている。

 

そんなことを思いながら太陽と月のこどもたちを聴いてると泣きそうになった。