読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

徒然なるままに日暮したい ~岡田准一くんとの日々のこと

岡田准一君のこと、息子のこと、いろいろ

図書館戦争が好き💘

f:id:riomaro:20170211085630j:image  

雪です。

寒いです🌁⛄🌁。

九州は南国と思ってらっしゃる方もおいでかと思いますが、福岡県は日本海側気候なので、そこそこ寒いし、雪もたまに積もります。

まあ、5㎝くらいの積雪だけど。

むかし、3月の北海道に旅行に行ったことがあって、外の寒さは言うまでもないけど、参ったのが室内の暖かさ。

あったかいを通り越して暑かった❗

生まれも育ちも九州なので、当たり前と思ってたけど、九州は室内が寒いです。

暖房器具が最低限しかないからかな?

 

話は変わって、原作のある映画やドラマの場合、原作は先に読みますか?

それとも、後に読みますか?

わたしは、圧倒的に後読み派です。

 

というのも、先に読んで期待しまくって

ガックリ😖⤵したことが何度となくあったから。

 

例えば、映画化された「どろろ

映画公開前にたまたまノベライズ本を読んだ。そうしたらこれが面白くって。

めちゃくちゃ期待して映画を観に行って、めちゃくちゃがっかりしたってことがあった。

 

また「天地人」を読んで大感激して、これまためちゃくちゃ楽しみに大河ドラマを見始めたら、「あれ?なんか違う。」

だんだん観なくなった。

 

どちらも主演が妻夫木聡さんだけど、別に他意はない。

脚本や演出に問題があったんだろう。

あくまでもわたし個人の意見だけど。

 

こういっちゃあなんだけど、原作のない「軍師官兵衛」の方が面白かった❗

それでも視聴率は天地人の方が高いのよね。

これはテレビの視聴の仕方が、ここ何年かの間に変化したからだと思う。

わたしも最近はほとんどリアルタイムでテレビを見ないからなあ。

 

 で、やっと図書館戦争です。

 

以前にも書いたことがあるけど、撮影現場の前の通りをたまたま車で通りかかり、興味を持ったので息子を連れて映画を観に行った。

 

その時は撮影が行われていた訳ではなく、ただ現場となった中央図書館にあるはずのない門が建っているのを見て、「あっ、これ図書館戦争の撮影だ❗」と思ったのは、雑誌か何かで無意識に情報を得ていたのだろう。

 

ぶっちゃけると、図書館戦争にも岡田くんにもほとんど興味はなかったのだけど、わたしの知っている場所がどのように映ってるんだろうな、ということだけだった。

 

でも、映画は面白かった‼

堂上教官はカッコよかった😍

岡田くんにというよりも、堂上教官に惚れたという方が正しいように思う。

 

それまでも岡田くんが出ている映画やドラマは、すべてとは言わないまでもけっこう観ていた。

それは作品そのものに興味があったから。

でも図書館戦争を観て、はじめて「役者 岡田准一」を意識した。

 

そして、これは原作を読まなくちゃ!と思ったわたしは、文庫本6巻を大人買いしてしまった。

一気に読んだ。

ハマった❗

半年くらいは、ほぼ毎日読んでたくらいハマった❗

当然、堂上教官は岡田くんで、笠原郁は榮倉奈々ちゃんが頭の中で動いていた。

 

最近は、図書館戦争の二次創作、SSってやつにハマっている。

素人さんが創作しているんだけど、なかにはほんとうに素敵な作品を書く人もいる。

わたしは完全に読み専門だけど、素敵な作品に出会うとウキウキする😃🎶

 

結局、わたしは先に原作を読むと、自分だけのイメージを作ってしまい、それと違っているとがっかりするというワガママなだけなんだろうな。

 

その後、改めて岡田くん出演のいろんな作品を観て岡田くんを追うようになり、その流れからV6を追うようになって現在に至る。

 

まさか、ファンクラブに入会してコンサートまで観に行くようになるとは思わなかったけど✨